災害用伝言ダイヤル(171)の利用と体験方法

災害用伝言ダイヤル(171)の利用方法

地震など大災害発生時に電話やメールがつながりにくくなる場合に備えて、『災害用伝言ダイアル(171)』の利用方法を覚えておきましょう。

地震など大災害発生時には電話がつながり難い状況が発災当日~数日間続きます。

携帯やスマホの操作に慣れている人はすぐにNETで検索できると思いますが、慣れていない人は利用方法を印刷して非常時持ち出し袋や備蓄品と一緒にしておけば便利です。

災害用備蓄品の中には『災害用伝言ダイアル(171)の利用方法』が記載されているものもありますので、そのような品物を備えておくのも便利です。

災害用伝言ダイヤル(171)の操作方法は下記のページでご覧になれます。
災害用伝言ダイヤル(171)の基本的操作方法について

毎月1日および防災週間(8/30~9/5)、防災とボランティア週間(1/15~1/21)に体験利用ができますので試してみましょう!


災害用伝言ダイヤル(171)の利用方法が記載されている食品例


その他の情報収集参考サイト

TYOKYO FM 災害伝言ダイヤル・安否確認お役立ちアプリ